おいえ帖。

山の上のリノベーション一軒家を2016年に購入。家の暮らしを紹介しています。

未開拓・我が家のガレージについて

我が家のガレージはもともと家の一部だったのですが、
リノベーションに伴い室内から切り離され、ガレージになったものです。

家とも隣接しており、
工事の際の作業場になったり、荷物の仮置き場になったり、
ベランダがわりの用途に使えたり…と何かと重宝している存在。

住み始めてからほとんど手つかずで、車もなく、
これだけガランとしてるのは今だけだよなぁと思い、
記録もかねて写真を撮りました。

f:id:hiroco514:20170621221031j:plain
壁はすべて透明トタンなので、全方位から光が入ります。
夕方になるまでずっと明るいです。

ちなみに車のかわりに置いてあるのはJEEPの折り畳み式自転車。
もはやオブジェとして機能しています。笑

天井

f:id:hiroco514:20170621221027j:plain
屋根は抜いてあるので空間がさらに広く感じます。
骨組が丸見えなのが、何だかガレージっぽい^^

ガレージ扉

f:id:hiroco514:20170621221020j:plain
木製のスライド式二枚扉になっています。

実はもともと、この扉はついていませんでした。
昨年の夏、購入前に家を見に行った際、
ガレージ内に5~6個ハチの巣ができており、
「これは何とかしたい!」と、
引っ越し前の追加工事で扉をつけてもらうことに。

家の雰囲気にあわせて、
シャッターなどではなく重厚な木の扉にしてもらいました。

大きな1枚の木板だと値段が跳ね上がるので
組み木で縦か横に並べようか…という話になり、
設計事務所の方が「こういうのオシャレで良いですよ~」と
お勧めくださったのが、このナナメ並び。

1枚目と2枚目で向きも切り替わっていてとても可愛い。
かなりお気に入りです。

ガレージ内の照明

f:id:hiroco514:20170621221024j:plain
船舶のような雰囲気のデザイン。これまた可愛い。

ただ問題がひとつありまして。
この照明、室内からしか点灯できない仕様になっていて
ガレージ内では点灯できないという。。

消し忘れ防止にはなるのですが、
ガレージ内で自分の真上にある照明が点灯しないって少々つらいです。

これは将来的に変更したい案件。



引っ越して以来、放置状態のガレージですが
5月以降、主に庭仕事のための用具が一気に増え、
無造作に床に散らばり始めています。
f:id:hiroco514:20170621221035j:plain
棚や壁かけ等、どんな風にディスプレイして
ガレージのワクワク感を出そうかな、と最近思案中です。

そして、それらをDIYするのが実はガレージでの夢だったり。


これからアレコレ考えるのが楽しみです。
広くて明るい、居心地の良いガレージにしたいのです^^

梅酒作りに初挑戦

f:id:hiroco514:20170619134031j:plain
庭の梅が実をつけました。
良い時期になったので収穫して梅酒を作ってみることに。

春に花が咲いた際に「梅っぽい?桃っぽい?」と混乱していたのですが、
2本とも梅のようでした。
「なるほど。実がつけば一目瞭然…」と冷静に思う今日この頃。笑

実の摘みとり

私達が住む以前からしばらく管理されてなかった為か、
枝が伸び放題、元気のない枝と実がちらほら。
傷があるものも避けたので、思ったより収穫は出来ず。
f:id:hiroco514:20170619134041j:plain
1kg目標でしたが、500gちょっとになりました。

もっと実が大きくなるまで待った方が良いのかなぁも悩みましたが、
熟さない青梅が良いとのことで、とりあえず収穫!

前準備

実を漬けこむ前に

①きれいに洗う
②水につけてアク抜きをする(1~2時間ほど)
③しっかり乾かす
④ヘタを丁寧にとる

をします。

アク抜きやヘタを取るのはエグ味をなくすため。
しっかり乾かすのは、カビ防止のため。
なのだそうです。

ヘタとりをしていると、梅のさわやかな香りが少ししました。
良いですね^^

各作業行って、準備万端です。

漬け込み

f:id:hiroco514:20170619134052j:plain

梅 500g
氷砂糖300g

で作ります。
たぶんちょっと甘めになる予定です。

熱湯消毒して乾かした保存容器も準備万端。
梅と氷砂糖を2等分して
 梅 → 氷砂糖 → 梅 → 氷砂糖
の順に敷きつめていきます。

次にホワイトリカー。果実酒用のお酒。
f:id:hiroco514:20170619134129j:plain

ホワイトリカー 900ml(アルコール35%)

梅が1kgだと1.8Lのホワイトリカー1本でちょうど良いのですが
半分の量です。

ドボドボと上から入れて、完成!
f:id:hiroco514:20170619134143j:plain

あぁ…!
容器に対して量が少ないのが、さびしい。笑


ちなみに保存容器は

石塚硝子・メタルキャップコンテナー(5L)【楽天市場】

です。
昔ながらのシンプルな瓶ですが、モダンなデザインが良いです。
ひっかかっているレードルも付属品。お得感~

沢山作れるようになったら、追加でサイズ違いを購入して並べたいです。

来年に向けて

ネット検索で色々調べつつ、手探りで作ってみました今回。
上手く出来たかはまだわかりませんが、これからを思うとワクワクです。

しっかり密封して倉庫にしまいました。
約1年後に飲みごろになるのだそうです。


理想的な収穫時期や木の管理方法なども
来年…再来年…と木や実を見ながら
見極めが出来るようになればいいなと思います。

まずは冬にしっかり剪定。良い枝に実がなるようにしなければ。
そして来年の目標は1kg収穫だぁ~


作った梅酒、数か月ごとに経過を眺めるのが楽しみです^^
f:id:hiroco514:20170619134154j:plain

ミチチョフキッチン・プリン編

先日ネット購入で取り寄せた草庵秋桜のプリンを食した後、
何やらプリンの作り方についてネット検索していたミチチョフさん。

理想のプリンを探し求めるより、近道ルートを思いついたようで。
f:id:hiroco514:20170611142946j:plain
とうとう、自分で作りおったー。笑
「カラメルは難しそうだから今回はナシ!」とのことです。


ちゃんと滑らかに出来ていて、美味しかったです^^

ただ、「自分が思う美味しいプリン」にはまだ勝てないようで、
悔しがっていました。
今度は牛乳と生クリームの分量を少し変えて作ってみるとのこと。


ちなみに、私も一度プリンを作ったことがあります。
面倒くさがって漉す作業をさぼった結果、プリンが膨らんでしまい
相当まずいものが出来上がりました。

そんな私の反省を活かしてくれたのか、
丁寧に漉す作業もこなして作っておりました。

そして普段、少しは私にアレコレ聞いてくるのですが、
プリンに関しては何も聞いてきませんでした。


…。
次回も試食係はバッチリ任せて下さい。涙

6月16日の誕生花・金糸梅

f:id:hiroco514:20170616091436j:plain
金糸梅(キンシバイ)は本日の誕生花なのだそうです。


庭に大きめ2本・小さめ1本、の計3本キンシバイがあります。
大きい2本は今が満開です。
小さい1本は黄色いつぼみが膨らんできています。

可愛い花だなぁと調べてみたところ、今日の誕生花だと知りました。


家に持ち帰った一輪挿し。
f:id:hiroco514:20170616091712j:plain
花弁が開き切らない丸みを帯びた姿が可愛くておしとやか。
ちなみに花言葉

秘密 きらめき 悲しみを止める

とのことで、『秘密』の由来はこの開き切らない花弁なのだそうです。
考えた人、ハイセンス~

開花している枝を一輪挿しにしたのですが
残念ながら3日ほどでポロポロと雄しべから散ってしまいました。


後日、つぼみがついている姿もまた可愛かったので
道にはみ出ていた枝を持ち帰って飾ってみました。
f:id:hiroco514:20170616092719j:plain
うむ。葉だけでも様になります。

こちらは
つぼみの開花から散るまで、経過を含め1週間以上楽しめました。


次回からは開いた花は庭で楽しんで
つぼみの枝を家で楽しもうかなと…覚書き。メモメモ。

好きな庭の花がまたひとつ増えて、嬉しい今日この頃です^^