おいえ帖。

山の上のリノベーション一軒家を2016年に購入。家の暮らしを紹介しています。

庭でとれた梅で梅酒作りに初挑戦

f:id:hiroco514:20170619134031j:plain
庭の梅が実をつけました。
良い時期になったので収穫して梅酒を作ってみることに。

春に花が咲いた際に「梅っぽい?桃っぽい?」と混乱していたのですが、
2本とも梅のようでした。
「なるほど。実がつけば一目瞭然…」と冷静に思う今日この頃。笑

実の摘みとり

私達が住む以前からしばらく管理されてなかった為か、
枝が伸び放題、元気のない枝と実がちらほら。
傷があるものも避けたので、思ったより収穫は出来ず。
f:id:hiroco514:20170619134041j:plain
1kg目標でしたが、500gちょっとになりました。

もっと実が大きくなるまで待った方が良いのかなぁも悩みましたが、
熟さない青梅が良いとのことで、とりあえず収穫!

前準備

実を漬けこむ前に

①きれいに洗う
②水につけてアク抜きをする(1~2時間ほど)
③しっかり乾かす
④ヘタを丁寧にとる

をします。

アク抜きやヘタを取るのはエグ味をなくすため。
しっかり乾かすのは、カビ防止のため。
なのだそうです。

ヘタとりをしていると、梅のさわやかな香りが少ししました。
良いですね^^

各作業行って、準備万端です。

漬け込み

f:id:hiroco514:20170619134052j:plain

梅 500g
氷砂糖300g

で作ります。
たぶんちょっと甘めになる予定です。

熱湯消毒して乾かした保存容器も準備万端。
梅と氷砂糖を2等分して
 梅 → 氷砂糖 → 梅 → 氷砂糖
の順に敷きつめていきます。

次にホワイトリカー。果実酒用のお酒。
f:id:hiroco514:20170619134129j:plain

ホワイトリカー 900ml(アルコール35%)

梅が1kgだと1.8Lのホワイトリカー1本でちょうど良いのですが
半分の量です。

ドボドボと上から入れて、完成!
f:id:hiroco514:20170619134143j:plain

あぁ…!
容器に対して量が少ないのが、さびしい。笑


ちなみに保存容器は

石塚硝子・メタルキャップコンテナー(5L)【楽天市場】

です。
昔ながらのシンプルな瓶ですが、モダンなデザインが良いです。
ひっかかっているレードルも付属品。お得感~

沢山作れるようになったら、追加でサイズ違いを購入して並べたいです。

来年に向けて

ネット検索で色々調べつつ、手探りで作ってみました今回。
上手く出来たかはまだわかりませんが、これからを思うとワクワクです。

しっかり密封して倉庫にしまいました。
約1年後に飲みごろになるのだそうです。


理想的な収穫時期や木の管理方法なども
来年…再来年…と木や実を見ながら
見極めが出来るようになればいいなと思います。

まずは冬にしっかり剪定。良い枝に実がなるようにしなければ。
そして来年の目標は1kg収穫だぁ~


作った梅酒、数か月ごとに経過を眺めるのが楽しみです^^
f:id:hiroco514:20170619134154j:plain