おいえ帖。

山の上のリノベーション一軒家を2016年に購入。家の暮らしを紹介しています。

そこが魅力!多肉植物の色々な増え方

年明けに植え替えた多肉植物ですが、順調に育っています。
まずは最初の目標「枯らさない」は
無事ミッション遂行できているようです。笑


f:id:hiroco514:20170628125034j:plain
先日『三時草(照波)』という多肉が黄色い花をつけました。
多肉植物にも花をつける種類があるのです。

自分が持っている多肉に花がついたのは実は初めて。
わーい!嬉しい~


多肉植物ですが、

・常に日当たりの良い場所に置く。
・たまに水をあげる。
・枯れた葉を取り除く。

を気ままにしつつ、面倒を見ています。

暖かくなるにつれ増やしやすい環境にもなってきたので、
様子をみつつ、いくつか増やしてみました。

多肉植物は増え方がなかなか面白いので
(初心者が僭越ながら)ご紹介しようかと思います。

多肉植物の増え方

増え方は大きくわけて3つ。

【葉挿し】
葉をもぎとり土に置いておくと新芽が出てくる方法。

【挿し芽】
伸びた茎を切り取り、それを土に挿して根付かせる方法。

【株分け】
根元から子株が生えてくるので、それを外して植え替える方法。

です。

葉挿し

これが最も手軽で増やしやすい方法。

①根元から丁寧にとった葉を土の上に置き、暗所に置いておく。
②土の上に置いていたら根が生えてくるので、水を与えはじめる。
③順調に根が伸びると、次は根元から芽が出てくる。
④日当たりの良い環境に移し、水と日をしっかり与え続ける。

で大きくなっていきます。

f:id:hiroco514:20170628125038j:plain
土に置いておくだけで、
こんな感じで葉の根元から芽が出てくるのです。

我が家では落ちた葉や窮屈そうな葉を
もぎとっては土の上に置き、葉挿ししていたところ、
いくつか芽がでて、これくらいまで大きくなりました。

今は新芽が3つほど。ゆっくりと育ってます。

挿し芽

こちらも非常にシンプルな方法。

①伸びた茎をバランスの良い場所で切る。
②切った芽を4~5日乾燥させる。
③土に挿す。

しばらくすると根が生えてしっかりと根付き始めます。

f:id:hiroco514:20170628125041j:plain
こちらの多肉はもともと1本だったのですが
大きく伸びて、さらに2本に枝分かれしたので、
・元の1本
・枝分かれした2本
の計3本を
土の深いビーカーに移し替え、挿し芽をしていたところ
しっかり元気に根付いて育ちました。

株分け

こちらは写真を見ればわかりやすいです。
f:id:hiroco514:20170628125044j:plain

①根元から子株が生えてくる。
②子株を離せるサイズになったら、本体ごと鉢から出す。
③根を傷つけないように子株を外す。
④本体・子株をそれぞれ土に植える。

「最近なんだか斜めに傾いてきたな…」と
心配していたら、よく見ると子株が出ていて歓喜。笑
表面の石や土を少し除いてみたところ、まっすぐ安定しました。

どれくらい大きくなったら株分けしてよいのか、
見極めが不安ですが、しばらく様子見しています。

ちなみに、株分けは手で房を分けれない種類は
消毒したナイフ等で切り分けるのだとか。

ヒェェ。出来るだろうか。。

増え方の相性も大切に

紹介した方法で増殖中の多肉植物は勿論、他の子も順調に成長しています。
f:id:hiroco514:20170628125048j:plain
こんな感じで中央から小さくぷっくりと葉が出てきて、
どんどん下へ下へと広がっています。

この『乙女心』は挿し芽で増えやすいタイプ。
多肉植物にはそれぞれ
やりやすい増やし方というのがあるようです。

葉が取れると無差別に土の上に並べて葉挿ししていましたが、
確かに『乙女心』は育たなかったかなー笑


増え方の相性もしっかり覚えて、沢山増やしていこうと思います^^