おいえ帖。

山の上のリノベーション一軒家を2016年に購入。家の暮らしを紹介しています。

庭の埋蔵品を自力で発掘。

引っ越して以来、庭に気になっているモノがあります。
まずはこちらの写真をご覧あれ。

f:id:hiroco514:20170702164744j:plain

a. 玄関への道の傍に佇む白い物体。UFOを模しているようにも見える。
b. 庭の中央付近に描かれた謎の円形。何者かからのメッセージだろう。


お分りいただけただろうか…


…。
ちょっと盛り上げてみました。


真面目に話すと、
外灯の土台と花壇の仕切りが残ったまま埋まっているだけ。笑

私達には不要なので、自力で撤去することにしました。


押したり持ち上げてみようにもピクリとも動かず、
周囲を掘らないと出てこない手応え。

土の下がどうなっているか未知数ですが、いざ、サルベージ!

外灯の土台を撤去

まずは外灯の土台。
こちらは周囲を掘り返したらゴソッと抜けてくれました。

ひっくり返された外灯の土台。
f:id:hiroco514:20170702164730j:plain
直径は約50cm。
おそらく陶器製で、重さは私が何とか持ち上げられる程度。

土の下にさらに15cmほど高さがあり、予想以上に重かったです。


ひっくり返してみると、木の根がかなり絡まり一部貫通していました。
ピクリとも動かない原因はこれだったようです。

長い間ここに埋まっていたのだなぁとしみじみ感じつつ、
容赦なく切り離し。

花壇の仕切りを撤去

次に花壇の仕切り。

予想としては『ドーナツ状の青い仕切りのような石』だったのですが、
どうも違うようで、巨大な椀らしき形状。

…というか、別のモノが出てきた!

f:id:hiroco514:20170702164735j:plain
土の塊がごそっと抜けて、さらに中から赤い植木鉢が出てきました。

マトリョーシカかい。


赤い植木鉢と青い椀の間から沢山の球根もポロポロ出てきました。

花と花が喧嘩しないよう壁として使っていたのだと思われます。

つまりこれは両方とも植木鉢。


全部掘らないと出てこないかーと少々落胆しつつも、作業再開。

青い植木鉢も掘り起こし完了。

f:id:hiroco514:20170702164739j:plain
ちゃんと磨くとなかなかきれいになりました^^

青い植木鉢、直径は約80cm。
こちらは流石に持ち上げれず、ミチチョフさんが回して動かせる重量。

赤い植木鉢、直径は約50cm
ひび割れなどもなく、きれいな状態で発掘できました。




庭の埋蔵品はひとまず発掘終了。

全部で3時間ほどかかりました。季節が季節なので汗だく。
翌日から見事な筋肉痛ですが、良い運動にもなったということで。笑


外灯の土台は粗大ごみとして撤去予定。
植木鉢はとりあえず綺麗にしてガレージに格納です。

言葉通り、思わぬ掘り出しモノをゲットしました^^