おいえ帖。

山の上のリノベーション一軒家を2016年に購入。家の暮らしを紹介しています。

バーチカルブラインドのススメ。

『バーチカルブラインド』というのは、
こんな感じの縦型タイプのブラインドの事です。
f:id:hiroco514:20170627221346j:plain
我が家には
インナーテラスと呼ばれるエリアがあるのですが、
そこでバーチカルブラインドを使用しています。

「バーチカルブラインドにしてよかった!」

と思う便利さ・素敵さなので、
今回はそんなバーチカルブラインドについて紹介しようかなと^^

基本スペック

f:id:hiroco514:20170627221350j:plain

a.使い方

基本的に横型ブラインドと同じです。
回すと羽の角度がかわり、紐を引くと羽がスライドします。

b.羽幅と収納幅

羽1枚の幅は10cmほどがスタンダード。

我が家ではブラインド幅約2.5~3m毎(羽の数は20枚くらい)でまとめていて
その長さのブラインドをまとめると、20cm幅ほどにまとまります。

c.どれだけ使っても印象軽やか

インナーテラスが全面ガラス張りなので
1階の約半分を占める壁一面にバーチカルブラインドを使用しています。

およそ24m。

なかなかの長さです。汗


ただ、これだけの長さを使用しているからこそ言えるのですが

どんなにバーチカルブラインドを多用していても
全く重たい印象になりません。

我が家は厚みのない白色を使用しているのですが
だからといって屋内が透けて見える事もないのです。

掃除が楽

地味に大事なポイントだと思うのですが、掃除も楽です。

カーテンのように、
ひとつひとつ取り外し・洗って・乾かして…なんてことはせず
雑巾で羽を挟み、ぴーっと上下に動かせば掃除完了。

うむ、とても便利!

一番のオススメどころ

そんな便利で機能的なバーチカルブラインドですが、
イチバンの魅力は『光の入り方』です。
f:id:hiroco514:20170627221342j:plain
昼過ぎから夕方にかけて、インナーテラスはこんな感じの光具合に。

木陰とバーチカルブラインドの縞模様がとても美しい、
ブラインドならではのスタイリッシュな光の演出。

お気に入りな時間です^^




カーテンの柔らかな印象も素敵ですが、
バーチカルブラインドの機能性・モダンな見た目も
これからの家のスタンダードになるだろうなと思います。

ちなみに我が家は、

・寝室はカーテン
・他はブラインド

といった住みわけをしています。

両方使いつつも、正直に言うと、
個人的にはブラインドが優勢だったり。笑

便利で機能的、
雰囲気に馴染むスタイリッシュな見た目が大好きなのです。


そんなわけで。
バーチカルブラインド、とてもオススメです^^